GCのユニットにマイクロスコープを装着

| コメント(0) | トラックバック(0)
refi.JPGGCの最新歯科ユニット「レフィーノ」にはオプションで
マイクロスコープ用ライトポールを立てると、カールツァイス社のマイクロスコープを装着することができます。

装着できる機種はピコに限定されますが、マイクロスコープの欠点である。スペースを解消しており、コンパクトに仕上がっている点は注目です。

価格はマイクロスコープ込みで740万円ほどとのことです。
ユニットは高級感があるレザー張りの仕様になっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenbikyoshika.com/main/mt/mt-tb.cgi/21

コメントする

このブログ記事について

このページは、顕微鏡歯科が2010年1月12日 14:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「横浜デンタルショー2010」です。

次のブログ記事は「ライカM400Eマイクロスコープとモリタのユニット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。