マイクロスコープの動画記録には装置がたくさん必要!?

| コメント(0) | トラックバック(0)
avsec.jpg現在、歯科用マイクロスコープの顕微鏡治療を記録(動画、静止画)するためには、おおよそこのような装置が必要になってくる。分配した1方にはHDDレコーダーによる録画、もう一方は主に患者様に説明するための静止画をキャプチャーするためのパソコンである。
そのため、大きなマイクロスコープを設置しているにもかかわらず、さらにユニット周辺には様々な機器の設置が必要となってしまう現状があります。
そのため近年、歯科用マイクロスコープの動画記録装置が注目をあつめています。
しかし、設置スペースや価格面など理想的なものはまだありません。

顕微鏡歯科ドットコムでは、マイクロスコープ動画録画装置のページで歯科用使うことのできる動画記録装置の機種別比較をおこなっております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenbikyoshika.com/main/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

このブログ記事について

このページは、顕微鏡歯科が2010年4月21日 03:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカM320 新型マイクロスコープ 「あのライカの白い奴は化け物か!?」」です。

次のブログ記事は「最高のマイクロスコープ録画環境を構築する「マイクロキャプチャーPC」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。