2010年8月アーカイブ

usb.png
こちらがUSBトリプルフットスイッチというパソコン用のフットスイッチです。

これを、顕微鏡治療の画像を取り込むパソコンに接続することで

顕微鏡治療をおこないながら、両手がふさがっていても足で録画の開始や停止、静止画の保存、全画面表示などが可能になる優れものです。これにより、治療中のマウス操作やアシスタントのリモコン操作はなくなることが可能です。

3つのスイッチの機能は、任意で設定できるためいろいろ環境に合わせて設定するとよいでしょう。
パソコンに取り込むためのソフトはアマレコTVとの組み合わせがおすすめです。

顕微鏡歯科ドットコムでは
顕微鏡治療動画を詳しく解説しています。


歯科用マイクロスコープから、出力された映像をパソコンに取り込むには、

歯科用の有料機器、ソフトなどがありますが、とても高価で(100万円近く)

録画だけに使用するものに、なかなかそこまで費用をかけられないのが現実ではないでしょうか?

一般向けの安価なソフトやパソコン付属のソフトで取り込むことも可能ですが、

録画中に静止画をキャプチャーできなかったり、
非常に動作が重かったり
いい画質で保存できなかったり
録画中のプレビューが小さかったり

などなどの問題があり、これといったものがないのが現状です。

そこで、顕微鏡歯科ドットコムがおすすめしたいソフトは、

フリーソフトの「アマレコTV」

です。上記の問題をすべてクリアーでき、全画面表示のプレビュー、録画中の静止画撮影、さらに無劣化での動画録画が可能という素晴らしいソフトです。

ユニットの横にパソコンがある環境なら、このソフトをインストールして、無料で動画の録画環境を構築できます。なんども言いますが素晴らしいです。

最後に無料、無料といいましたが、コーデックを購入\1,260(税込み)するとロゴは入らなくなるので、
ぜひコーデックを併せて購入するとよいでしょう。

顕微鏡歯科ドットコム


bright2.png
今年4月発売以来、ペントロン社製歯科用マイクロスコープ「ブライトビジョン」は
高品質なレンズと扱いやすい操作性、そして圧倒的な低価格がマイクロユーザーにうけて、
発売3ヶ月弱で歯科用マイクロスコープ業界には珍しい大ヒット商品となった。

現在は、ペントロン社以外でもケーオーデンタルでの購入が可能になり、ケーオーデンタルショールームに展示してあるとのことで、ご購入を考えている先生方は実際にチェックしてみるとよいでしょう。

そんな中、今年の国際デンタルショーにおいて早くもペントロン社より新機種2機種がでるとのことです。
1つ目は、省スペース版マイクロスコープ
2つ目は、LEDライト搭載ブライトビジョン

とのことです。10月がとても楽しみですね!

顕微鏡歯科ドットコム


uni2.png
現在、デンタ300やユニバーサ300などのライナップがあるメーラー社が更なる新機種を現在開発中とのとこです。
開発中の機種の詳細はまだわかりませんが、カールツァイス社製のプロエルゴ(Proergo)に対抗する機種との情報もあります。
発売は来年になるとのことで、とても楽しみですね!

顕微鏡歯科ドットコム

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。