歯科用マイクロスコープ グローバルの最近のブログ記事

global.JPG
近年、歯科用マイクロスコープも顕微鏡治療の多様化に合わせて様々な機種がでている。
そのなかでもヨーロッパ製の大型な歯科用マイクロスコープなどハイエンド機種のラインナップが増えてきた。
そんな中、アメリカ製歯科用マイクロスコープであるグローバルマイクロスコープは独自の路線で、省スペース、コンパクト設計をコンセプトにしてアメリカでの実績はナンバーワンである。

グローバルマイクロスコープは3段階倍率(G3)と6段階倍率(G6)の2機種がラインナップしている
以前は、3段階倍率、4段階倍率、5段階倍率、6段階倍率の4機種がラインナップしていたが、現在はG3とG6のみのようだ。
最大の特徴はオプションで自分好みにいろいろカスタマイズできること。
さらにはなんといってもコンパクトである。すでに海外ではユニット一体型グローバルマイクロスコープも登場している。
標準のハロゲンライト(厳密にはハロゲンではない)がキセノンライト並みに明るく白色系であることもうれしい。

ただ、このライトだが連続使用が60分という制限がつく、コンパクト過ぎて熱がこもってしまうようだ。
この点さえ注意すれば比較的価格も抑えめなので、お買い得な歯科用マイクロスコープといえるだろう。

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歯科用マイクロスコープ グローバルカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯科用マイクロスコープ カールツァイスです。

次のカテゴリは歯科用マイクロスコープ ライカです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。