歯科用マイクロスコープ マニーの最近のブログ記事

maniz.png
こちらは、最近モデルチェンジしたマニーの歯科用マイクロスコープ「マニースコープZ」です。
固定鏡筒ながら、なかなか見える光学系レンズを搭載し、光源も150W標準搭載で明るくみえます。

価格帯は1CCDで170万円、CCDカメラ無で152万円です。

なんと、CCDカメラを装着しただけで18万円も高くなってしまいます。

そこで、おすすめなのはCCDカメラを自分で用意する方法です。

自分で用意するには、CCDカメラとCマウントレンズ(マニー製)が必要になります。
Cマウントレンズは定価¥37,500 CCDカメラは1/2CCDで1万円(韓国製)~5万円ぐらい(日本製ワテック社のWAT-221S)で購入できます。

つまり、自分で用意すれば5~9万ほどでCCDカメラの導入が可能です。

というわけで、おすすめはCCDカメラ無タイプの「マニースコープZ」をできるだけ値引きしてもらいましょう。

顕微鏡歯科ドットコムでは歯科用CCDカメラの取り付け、調整方法をご紹介しています。

41.JPGMANIからManiScope Z(マニースコープZ)が発売された。
これはDMS25Zの改良版といったところで後継機種となる位置付けである。
  • 大きく変わった点は、操作性を改善するためにハンドルがついたこと
  • アームの形態が変わり、収納性がよくなった
  • ハロゲンライトが標準で150Wになった
  • フロアースタンドが少しだけ小さくなった
などである。つまり前のモデルで弱点だった操作性と収納性を改善しマイナーチェンジしたのだ、
低価格の割には、なかなかよく見えることで評判の機種であるが、価格帯はややアップしてしまったようだ。
ちなみに固定鏡筒は以前のままの仕様である。

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち歯科用マイクロスコープ マニーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯科用マイクロスコープ ブライトビジョンです。

次のカテゴリは歯科用マイクロスコープ メーラーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。