デンタルショーの最近のブログ記事

bright2.png
今年4月発売以来、ペントロン社製歯科用マイクロスコープ「ブライトビジョン」は
高品質なレンズと扱いやすい操作性、そして圧倒的な低価格がマイクロユーザーにうけて、
発売3ヶ月弱で歯科用マイクロスコープ業界には珍しい大ヒット商品となった。

現在は、ペントロン社以外でもケーオーデンタルでの購入が可能になり、ケーオーデンタルショールームに展示してあるとのことで、ご購入を考えている先生方は実際にチェックしてみるとよいでしょう。

そんな中、今年の国際デンタルショーにおいて早くもペントロン社より新機種2機種がでるとのことです。
1つ目は、省スペース版マイクロスコープ
2つ目は、LEDライト搭載ブライトビジョン

とのことです。10月がとても楽しみですね!

顕微鏡歯科ドットコム


denta.JPG
最近、ヨシダから発売されているマイクロスコープ デンタ300。

デンタ(DENTA)300は耳鼻科など医科用のマイクロスコープで定評のあるドイツのメーラー社が、歯科用に開発したもので、じつはだいぶ以前から東京歯材社で発売されています。

医科用マイクロスコープと比べてかなり軽量、コンパクトです。光学レンズもクリアーな明るい画質でよく見えます。

歯科用ということもあり、鏡筒部の可動域はかなり広くこれにより上顎口蓋側部なども直視で治療することが可能です。さらにローテーションリングが標準装備されており、姿勢を傾けずに治療をおこなえます。
価格は400万円ほどですが、他社のローテーションリング、CCDカメラ付きのスタンダードモデルのマイクロスコープと比較すると、デンタ300は標準仕様でフル装備なので、割安感があります。

しかし、注意が必要な点もあります。

光量が他社にくらべると若干低く(集光により改善できるが...)特に、最大倍率にすると光量不足が気になります。光量不足を改善するにはオプションのキセノンライトになってしまいます。

ローテションリングを含め、可動域も広く使いやすそうですが、覗いたままの操作は容易ではなく、ピコモラーと比べると操作性、アームの安定性はかなり劣ってしまいます。

標準で1CCDカメラが付属しているが、ビームスプリッターなどの接続は不可、そのため1眼レフカカメラなどは装着できないため、拡張性は乏しいです。

それでも、スタンダードモデルのマイクロスコープとしてはコンパクトで省スペース、多機能な素晴らしいマイクロスコープです。

マイクロスコープは大変高い医療機器ですから、購入にあたり、どこに重点を置くかが重要と思われます。

顕微鏡歯科ドットコムでは顕微鏡図鑑で各社のマイクロスコープを紹介しています。

alltion.JPG横浜デンタルショーで正式に発表されたオルションAM-3000。
今年の歯科用マイクロスコープ界に旋風を巻き起こすかもしれない大注目のマイクロスコープです。
ドイツ製のアポクロマティックレンズを使用しており、明るく鮮明に見えるうえに、とても低価格でコストパフォーマンスが高いことが特徴です。

顕微鏡歯科ドットコム
morita.JPG

モリタのスペースラインとライカのM400Eマイクロスコープです。このユニットにはマイクロモードが搭載されており、通常よりも静かにゆっくりと上下にユニットを動かすことができ、これは、顕微鏡治療中のピントの調整にはうれしい機能ですね。
refi.JPGGCの最新歯科ユニット「レフィーノ」にはオプションで
マイクロスコープ用ライトポールを立てると、カールツァイス社のマイクロスコープを装着することができます。

装着できる機種はピコに限定されますが、マイクロスコープの欠点である。スペースを解消しており、コンパクトに仕上がっている点は注目です。

価格はマイクロスコープ込みで740万円ほどとのことです。
ユニットは高級感があるレザー張りの仕様になっています。

横浜デンタルショー2010

| コメント(0) | トラックバック(0)
yokohama.jpg
1月10・11日の2日間パシフィコ横浜で横浜デンタルショーが開催されました。
連休ということもあり、多くの人でにぎわっていました。
最近の傾向としては、マイクロスコープ、歯科用CT、CAD/CAMなどに、どこの業者も力を入れているようでした。

顕微鏡歯科ドットコム
leica.JPG
ライカの最上位機種の歯科用マイクロスコープM525にモリタの手術用ユニット(ブルマバOP)。

黒のレザー張りのユニットがライカのプレミアムマイクロスコープによく似合います。
ユニットの寝心地はとてもよく、長時間でも辛くなさそうです。
外人の説明担当の方がこれでもか!とユニットを右へ左へ動かしてくれます。
すごいです。説明に言葉の壁は不要でした。

ライカの歯科用マイクロスコープは上位2機種には最高級のレンズが使用されています。
原色に近い色あいが自慢とのとこです。
確かに、キセノンライト下(白色光)での画像でも、コントラストのくっきりついた写真のような画質でした。これに対して、カールツァイス製のマイクロスコープはやわらかい印象をうけます。
この辺は好みなんでしょうか?

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム
global.JPG
近年、歯科用マイクロスコープも顕微鏡治療の多様化に合わせて様々な機種がでている。
そのなかでもヨーロッパ製の大型な歯科用マイクロスコープなどハイエンド機種のラインナップが増えてきた。
そんな中、アメリカ製歯科用マイクロスコープであるグローバルマイクロスコープは独自の路線で、省スペース、コンパクト設計をコンセプトにしてアメリカでの実績はナンバーワンである。

グローバルマイクロスコープは3段階倍率(G3)と6段階倍率(G6)の2機種がラインナップしている
以前は、3段階倍率、4段階倍率、5段階倍率、6段階倍率の4機種がラインナップしていたが、現在はG3とG6のみのようだ。
最大の特徴はオプションで自分好みにいろいろカスタマイズできること。
さらにはなんといってもコンパクトである。すでに海外ではユニット一体型グローバルマイクロスコープも登場している。
標準のハロゲンライト(厳密にはハロゲンではない)がキセノンライト並みに明るく白色系であることもうれしい。

ただ、このライトだが連続使用が60分という制限がつく、コンパクト過ぎて熱がこもってしまうようだ。
この点さえ注意すれば比較的価格も抑えめなので、お買い得な歯科用マイクロスコープといえるだろう。

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム
zeis.JPG
これがカールツァイス社製のプロエルゴです。
現在の歯科用マイクロスコープの頂点に立つ機種といっても過言ではありません。
カメラ用スプリッター、リングフラッシュ、オートフォーカス、池上製3CCDフルハイビジョンビデオカメラなどのフル装備の最強モデル。これでも頑丈なアームと電磁ロック機構があるため操作は軽がる!さすがハイエンドモデルといったところです。そのためお値段も1000万以上!日本製のCCDカメラはテレビ業界でもちいられる池上社製のCCDカメラなので、これだけで100万以上するんです。

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム

41.JPGMANIからManiScope Z(マニースコープZ)が発売された。
これはDMS25Zの改良版といったところで後継機種となる位置付けである。
  • 大きく変わった点は、操作性を改善するためにハンドルがついたこと
  • アームの形態が変わり、収納性がよくなった
  • ハロゲンライトが標準で150Wになった
  • フロアースタンドが少しだけ小さくなった
などである。つまり前のモデルで弱点だった操作性と収納性を改善しマイナーチェンジしたのだ、
低価格の割には、なかなかよく見えることで評判の機種であるが、価格帯はややアップしてしまったようだ。
ちなみに固定鏡筒は以前のままの仕様である。

顕微鏡治療、歯科用マイクロスコープのことなら顕微鏡歯科ドットコム

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちデンタルショーカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは動画録画 記録装置です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。